スピカペラとは

“スピカ”と“カペラ”からなる造語。“スピカペラ”
乙女座の一等星“スピカ”のように明るく、太陽に似た輝きを持つ“カペラ”のように温かなハーモニーを奏でていけるようにと命名。
現在東京を拠点に、北海道FM north waveとFMくしろのラジオパーソナリティを務める他、第一交通CMソング、釧路専門学校のテーマソングを生徒共に制作する等、幅広く活動中。
恋愛ソングから応援ソング、心の奥の部分を突いた曲等の多彩な楽曲に、迫力のある声と柔らかく優しい歌声の使い分け、少し頼りない秋田谷のトークに、しっかりとまとめを入れてくるモエコのトーク。
どの部分を見ても楽しめるであろうユニット”スピカペラ”から目が離せない。

スピカペラの略歴はこちら

秋田谷 陸 (Vo、A.Gt)



祖父、母共に民謡の先生であり、父と二人の兄はバンドや空手と、音楽スポーツ家系に産まれ育ち、幼い頃から民謡や日本舞踊などを習う。 好奇心旺盛であり、空手やサッカーを始めるが、高校で出逢った同級生からアコースティックギターを教わり夢中になる。ユニット、ソロと様々な活動を行い、地元釧路駅での活動を主にライブハウスでのライブや、ラジオ出演等音楽漬けの生活を送る。



〜略歴〜

2003年:札幌へ拠点を移す。
     当時のユニット活動の中で、朝日系列のテレビ番組、ストリートファイターズにて最高全国で2位を獲得。
2005年:全国ヒッチハイクの旅制覇
2006〜2009年:活動休止
2009年6月:ソロ活動再開
2010年3月10日:自主製作初ソロアルバム “Sketch Book”200枚限定発売 完売…廃盤
2010年7月13日:自主製作1stシングル“ありがとうの手紙”を限定300枚発売 完売…廃盤
2011年3月6日:Music Revolution OriginalSong Contest 札幌キクヤ大会にてオーディエンス賞を受賞。
2011年5月7日:東日本大震災チャリティーライブをメッセホールさんのご協力の下行い、出演者は全15組、出演者、お客さんの募金総額68860円を日本赤十字社へ寄付。
2011年11月5日:初となるワンマンライブを行い、2ndミニアルバム“もしも、今君がここに居たなら”を発売。
2011年11月9日:ワンマンライブにてサポートメンバーとして演奏していたモエコと“スピカペラ”を結成。
2014年11月9日:古川陸から、秋田谷陸へ活動名を改名




モエコ  (Vo、Piano)


4歳からクラシックピアノを習い、物心つく前から音楽に触れて育つ。小学生の時に父にギターを教わり、クラシック以外の音楽に目覚める。また、姉の影響でR&Bを、父の影響でROCKを、祖父の影響でJAZZを聴くなど幅広いジャンルの音楽にも強く興味を示し音楽活動へとのめり込んでいく。




〜略歴〜
2002年:ソロでの路上ライブを開始。
2004年:路上で新潟中越地震義援金ライブを企画。札幌で活動中の数多くの路上グループの協力のもと3万円を超える義援金を集め、当時の北海道新聞に掲載される。      
バンド活動を開始。札幌で活躍中のunticoと出会い、サポートキーボードとして参加。
2010年:モエコ名義でのソロ活動を開始。
2011年:古川陸ワンマンライブにサポートキーボードとして参加。これを機に、古川陸との2人組ユニット「スピカペラ」を結成。ライブハウスでのライブはもちろん、カフェ、バーなど様々な場所で、ユニットはもちろん、ソロ、サポートピアニストとしてなど精力的に活動中。

ラジオメッセージ募集中

スピカペラがパーソナリティを務める番組「スピカペラのPart of LIFE」(FMノースウェーブ)「スピカペラのLIFE is GOOD!」(FMくしろ)では皆様からのメッセージを募集しております。詳しい情報はライブ・メディア情報から

出演依頼承ります

ライブハウス・バー・レストラン・カフェ・プライベートパーティ・ボランティア・結婚式・学校祭など、 様々なシチュエーションでの演奏依頼を承っております。 また、ピアノサポートやコーラスサポート、イベント司会などの依頼も承っております。簡易機材もございますので お気軽にこちらまでご相談ください。

ツイッター